【ウォータースタンド】メリット・デメリットそして選ぶべき3機種をマニアが厳選!

  • ウォータースタンドって人気が上がっているようだけど、なんでだろう
  • ラインナップがいっぱいあり過ぎて、どれを選んだらいいのかわからない
  • 維持費やサービスが他社と違うって聞くけど、どう違うの?

このような疑問に全力でお応えするね。

豊富なラインナップとシンプルなデザインで話題急上昇中のウォータースタンド。

さかなクンがアンバサダーをつとめていることでも知られるようになりました。情報番組や誌面で取り上げられることも増えているので見聞きしている方も少なくないと思います。

そんなウォータースタンドですが、なにが魅力でこのように話題になっているんでしょうか。

今回はユーザーでもある私の感想も交えてウォータースタンドの魅力を詳しくご紹介していきますね。

ウォータースタンドの
メリット
ウォータースタンドの
デメリット
  • タップリお水を使っても支払いは変わらない月額定額制
  • ボトルの管理がいらないボトルレスのウォーターサーバー
  • 豊富で魅力的な13のラインナップ
  • RO水が作れる機種もラインナップ
  • 直結と補充の2Wayが選べる「NEO」をラインナップ
  • 半年に1回の定期無料メンテ
  • 天然水ではない
  • 取付工事が必要
  • 小人数だと割高
  • 自動クリーン機能は無い
  • 備蓄には向かない
  • ラインナップが複雑
選ぶべき3つのモデル
  • ナノシリーズNEO
  • ナノシリーズガーディアン
  • プレミアムシリーズS3
この3つのモデルを軸に検討してみてね

一般的なご家庭でウォーターサーバーを検討しているのなら上記にある3つのモデルで検討することをおすすめします。詳細

ウォータースタンドの画像

書いてる人

「お水の研究室」管理人 水野める です。

今日まで、34台のウォーターサーバーを実際に使用し、現行38メーカー・130を超える機種を徹底的に比較しているウォーターサーバーマニアです。

メーカーや企業に忖度(そんたく)せず、メリットやデメリットをお伝えしています。

プロフィールはこちら >>

ー もくじ ー

もくじ

ウォータースタンド 3つのポイント

ウォータースタンドを検討するうえでだいじな3つのポイントをご紹介します。

  • 月額定額制
  • 水道直結型
  • ボトルレス

ひよこのイラスト月額定額制

  • だから、いくらお水を使っても毎月の支払いは変わりません
  • だから、気兼ねなくお料理にもたっぷり美味しいお水が使えます
  • だから、お水を使うほどお得に感じます
  • でも、選べるのは浄水なので天然水は使えません

ひよこのイラスト水道直結型

  • だから、水道管から全自動でお水を給水できます
  • だから、お水交換の手間はいっさい不要です
  • でも、取り付けに工事が必要です

ひよこのイラストボトルレス

  • だから、ボトルの管理はいっさい不要です
  • だから、本体もコンパクト&シンプル
  • だから、見た目がよくてインテリアの邪魔をせず設置できます
  • でも、利用するのは自宅の水道水を浄水したお水です

良い点と注意点があるんだよ。
注意点がデメリットとは言えないから詳しく紹介するね。

ウォータースタンド 基本情報

『ウォータースタンド』はウォータースタンド株式会社(埼玉県さいたま市)が運営する浄水型ウォーターサーバーのメーカーです。

サッカーの浦和レッドダイヤモンズのスポンサーとしてご存知の方も多いと思います。

1969年にサニクリーン事業を開始、2005年から宅配水事業に参入した業界でも歴史のあるメーカーのひとつです。

ラインナップ

全部で13モデルをラインナップ!

ウォータースタンドのラインナップは全部で13モデル『浄水タイプ』と『RO水タイプ』の2つに分けられます。

こちらは浄水タイプのラインナップです。

ラインアップお水の種類レンタル料冷水温水常温水省電力コンパクト
メイト浄水2,200円
ナノスタンド浄水3,300円

NEO
浄水3,850円
トリニティ浄水3,850円

ガーディアン
浄水4,400円
NEO・エコサーバー浄水4,950円
トリニティ・エコサーバー浄水4,950円

NEO』と『ガーディアン』がおすすめです。

『ネオ』と『ガーディアン』を選ぶ理由

7つのモデルがありますが、『NEO』と『ガーディアン』の2つだけを検討すればOKです。
なぜなら、ウォーターサーバーとしての基本機能である『冷水・温水』が使えてレンタル料も抑えられている『主力モデル』だからです。

こちらはRO水タイプのラインナップです。

ラインアップお水の種類レンタル料冷水温水常温水省電力コンパクト
ネオス2RO水3,300円

S3
RO水5,280円
ステラRO水6,050円
L2RO水7,150円
ROスタンド・クールRO水7,700円
ROスタンドRO水8,250円

『S3』がおすすめです。

『S3』を選ぶ理由

RO水を利用できるモデルは6機種ありますが、家庭用として考える際には『S3』だけを検討すればOKです。
なぜなら、『冷水と温水機能』が付いてレンタル料が抑えられている『主力モデル』だからです。その他のモデルは業務用を中心とした特殊な環境で使うためのモデルと言えます。

13モデルから3つに絞られたから検討しやすくなったよ。

一般家庭で考えるんならこの3つのモデルだけを検討すれば十分なんだよ。

お水

使えるお水は『浄水』と『RO水』の2種類!

ウォータースタンドで利用できるお水は2種類あり、モデルによって使い分けられています。

料金プランと費用

全モデルが月額定額制!

ウォータースタンドの利用料金は全て月額定額制となっており、モデルによって料金は異なります。>詳細

以下にウォータースタンドに関わる費用を整理しました。

月額料金
機種により異なります
2,200円~8,250円
初期費用
初期費用には工事代金も含まれます
一律9,900円
解約金
(1年未満で解約の場合)
撤去工事代金も含まれます
一律6,600円
設置後の配置替えによる再工事無料
6ヵ月毎の訪問メンテナンス無料
全て税込表示

エコサーバーを契約の場合は初期費用は無料です。

月額定額制だから、たっぷりとお水を使っても支払う金額は同じだよ。

利用可能なエリア

ほぼ日本全国で利用できます!

ウォータースタンドは定期的なボトルの配送はありませんが、6ヵ月毎に専任スタッフによる訪問メンテナンスが行われます。

関東圏では直営スタッフが、関東圏以外では代理店のスタッフが対応することになります。

人口カバー率94%ってことは、大抵の地域で使えるってことなんだよ。

契約と解約金

1年しばり・解約金6,600円

ウォータースタンドの最低契約期間(しばり)は1年間。

1年未満で解約する場合には解約金として6,600円(税込)必要です。

解約金の中には取り外しの工事代金も含まれています。

多くのメーカーは2年しばり・解約金10,000~20,000円で設定しているから、ウォータースタンドは良心的だね。

宅配水型と浄水型の違い

おすすめ3モデルのご紹介をする前に、ウォーターサーバーの『2つの型』について簡単にご案内しておきます。

ウォーターサーバーはつぎの2つに大別できます。

  • ボトルに入ったお水を使う宅配水型
  • ボトルを使わない浄水型

ウォータースタンドのモデルは全て❷の浄水型です。

浄水型の中でスタンダードなタイプが『NEO』『S3』、進化したタイプが『ガーディアン』ということになります。

宅配水型はボトルに入ったお水を本体に給水するのに対して
水道水補充型は手作業で貯水タンクにお水を給水するんだよ。

水道水補充型が貯水タンクに貯めたお水を本体に給水するのに対して
水道直結型は水道管から直接お水を給水するんだよ。

『NEO』が普通の水道直結型なのに対して『ガーディアン』はタンクを使わないでお水を使う時に瞬間で温水や冷水を作るんだよ。

ウォーターサーバーとしての基本機能は同じだけど、お水の給水方法の違いで使い勝手見た目が大きく変わるんだね。

おすすめはこちらの3モデル!

ウォータースタンドでおすすめしたい3つのモデルについて詳しく見ていきましょう。

モデルネオの画像
NEO
ガーディアンの画像
ガーディアン
S3の画像
S3
お水の種類
自宅でRO水
水道直結方式
水道水補充方式オプションを選択することで対応可能不可不可
月額定額3,850円4,400円5,280円
初期費用
(初回のみ)
9,900円9,900円9,900円
電気代859円150円656円
サイズ巾26×奥51×高50cm 巾23×奥23×高47cm 巾26×奥48×高51cm
重量18kg11kg17kg
温度冷水5-8℃
温水85-93℃
冷水5-8℃
温水93・85・75℃
冷水5‐8℃
温水85‐93℃
タンク容量冷水2.5L
温水1.0L
常温2.5L
合計6.0L
タンクレス
瞬間冷温水
冷水2.5L
温水1.0L
常温2.5L
合計6.0L
常温水
熱殺菌機能なし
6ヵ月毎に無料メンテ
タンクレスのため不要
6ヵ月毎に無料メンテ
なし
6ヵ月毎に無料メンテ
クリーン機能ありありあり
エコ機能光センサータンクレスのため
消費電力少ない
光センサー
チャイルドロックありありあり
2wayオプション
(直結と補充が可能)
ありなしなし

それじゃあ この3つのモデルを詳しく紹介していくね。

NEO』の特徴と注意点

一番人気の主力モデル!安くて機能も充実

僕も使っている一番のおすすめモデルだよ。

NEOの特徴
NEOの注意点
  • 安い!月額定額3,850円
  • オプションで2way仕様が選べる
  • 基本機能が充実
  • 常温水が使える
  • レバー式なので片手操作がラク
  • 奥行サイズが大きい
  • 重たい
  • 3機種の中では電気代が最も高い

『NEO』は水道直結タイプでありながら、オプションの『エコサーバー(月額レンタル料1,100円税込)』を加えることで水道水補充タイプとして利用ができる2wayモデルです。

キッチンなどの水回りに設置ができない場合にエコサーバーを利用することでどこにでも設置することができます。さらにエコサーバーを利用することで設置工事も不要になります。

ウォータースタンドの画像
奥行は51cm
ウォータースタンドの画像
キャスターで移動もラク
ウォータースタンドの画像
上段は小物入れ
ウォータースタンドの画像
らくらくスライドレール
ウォータースタンドの画像
下段に給水タンクを収納
6Lタンクが2つ付属

設置場所が決まっていなくても、これなら気軽に使い始めることができるんだね。

エコサーバー(月額1,100円のオプション)を加えることで、どこでも使える浄水型サーバーになるから凄く便利なんだよ。後から水道直結方式に変更もできるんだよ。

ガーディアン』の特徴と注意点

電気代150円の瞬間冷温水モデル!

業界唯一の『瞬間タイプ』だよ。電気代も圧倒的な安さ。
でも使うシーンを選ぶモデルでもあるんだよ。

ガーディアンの特徴
ガーディアンの注意点
  • 内臓タンクの無いタンクレス
  • 業界唯一!瞬間冷温水
  • 業界最安!電気代150円
  • お湯の温度が3段階
  • コンパクトなボディ
  • 1回に使える冷温水の量が少ない
  • ボタン操作から注水まで6-13秒
  • 大人数での利用には不向き

『ガーディアン』の最大の特徴は瞬間冷温水方式

この方式のおかげで、内蔵タンクが不要になりました。タンクレスなので保温や冷却に使う電気も少なくてすみますさらに、タンクレスのために本体サイズもコンパクトにできました。

良いことだらけのウォーターサーバーなんだね。

実は・・
ちょっとクセのあるモデルでもあるんだよ。

瞬間冷温水の方式には次の弱点があります。

  • 注水ボタンを押してからの反応時間が長い(6~13秒)
  • 一度に注水できる量が少ない(温水の場合120~300cc)
  • 連続して注水することができない
ボタンを押してから
お湯が出るまでの時間
一度に注水できる量抽出時間
93℃で抽出13秒120cc30秒
85℃で抽出8秒180cc21秒
75℃で抽出6秒300cc18秒
冷水120cc×8杯分15秒

冷水は120cc×8杯以上使うと、水温が上がってきます。再び適温に冷却するまでに30分ほどの時間が必要です。

一度に使える量があまり多くは無いんだね。

コーヒーや紅茶を1~2杯という事なら不便はないんだけどね。それとボタンを押してからの反応時間は気になる人も多いと思うよ。

S3』の特徴と注意点

自宅でRO水が作れて飲めるモデル!

S3の特徴
S3の注意点
  • 自宅でRO水が飲める
  • 洗える注水口カバー
  • 選べる抽出量
  • 廃棄水が大量に出る
  • 利用料金が高め

『S3』の最大の特徴はRO水が作れることです。

RO水は超微細なRO膜(逆浸透膜フィルター)でろ過することで、お水に含まれる不純物を限りなくゼロに近い状態にしたものです。純水と呼ばれるお水はRO水のことを言います。

これまで、RO水を利用するには『クリクラ』や『アクアクララ』などのボトルタイプのメーカーと契約する必要がありました。

浄水型サーバーでRO水を生成できるサーバーは画期的な存在です。

関連記事:【天然水・RO水・浄水】ウォーターサーバーで使える3つのお水を徹底解説!

自宅で手軽にRO水が作れるってホント画期的なんだね。

確かに画期的なんだ。でも・・
使う上で理解しておきたいことがひとつだけあるんだよ。

RO水を作るためには廃棄水が出てきます。

10Lの水道水からできるRO水は3L。残りの7Lは廃棄水となり排水として捨てることになります。

クリーンな純水を利用するうえで廃棄水が出ることはぜひご理解の上検討してください。

え・・30%の量しか使えないってことなんだ。
でも廃棄しないでお風呂やお洗濯、植物の水やりに使えば無駄にはならないんじゃない?

廃棄水を利用することは避けるべきなんだ。不純物が凝縮しているからね。もったいないけど捨てることをおすすめするよ。

お申し込みはこちら>>ウォータースタンド

口コミ・評判

お申し込みはこちら>>ウォータースタンド

もくじへ戻る>>

ライバルメーカーとの比較

ウォータースタンドと同じ仕様の『浄水型ウォーターサーバー』を扱う5つのライバルメーカーと比べてみました。

料金の比較

タイトルウォータースタンドの画像
ウォータースタンド
らくみずの画像
らくみず
キララ・ヌゥーボの画像
キララウォーター
エブリィフレシャスの画像
エブリィフレシャス

ハミングウォーター
ロッカの画像
ロッカ
タイプ 水道直結 水道直結 水道直結 水道水補充 水道水補充 水道水補充
月額定額
レンタル代・電気代・消費税の総額
4,709円~4,078円~5,258円~3,710円3,775円3,762円
レンタル料3,850円~3,278円~4,378円~3,300円3,300円3,146円
電気代150円~800円~330円~410円475円616円
初期費用9,900円13,200円無料無料2,200円3,300円
解約金6,600円残り月数×40%16,500円11,000円~22,000円16,500円15,000円
得点10点5点6点11点11点11点
◎3点・〇2点・△1点

得点で負けてない?

よく見てみて。得点が高い機種は『水道水補充タイプ』の浄水型サーバーなんだよ。お水を手作業で補充しないといけないよ。

機能の比較

タイトルウォータースタンドの画像
ウォータースタンド
らくみずの画像
らくみず
キララ・ヌゥーボの画像
キララウォーター
エブリィフレシャスの画像
エブリィフレシャス

ハミングウォーター
ロッカの画像
ロッカ
タイプ 水道直結 水道直結 水道直結 水道水補充 水道水補充 水道水補充
お水の種類浄水/RO水 浄水/RO水 浄水浄水浄水浄水
ラインアップ数13モデル2モデル5モデル1モデル1モデル1モデル
瞬間温冷水ありなしありなし なし なし
常温水モデルありありありなしありなし
2wayあり あり なし なし なし なし
浄水性能20種不明16種16種14種11種
得点14点7点9点3点5点2点
◎3点・〇2点・△1点

機能で比べるとウォータースタンドがダントツなんだね。

ラインナップ数が多くて魅力的な機能を積極的に搭載しているから有利だね。

浄水性能の比較

メーカーウォータースタンドの画像
ウォータースタンド
らくみずの画像
らくみず
キララ・ヌゥーボの画像
キララウォーター
エブリィフレシャスの画像
エブリィフレシャス

ハミングウォーター
ロッカの画像
ロッカ
タイプ水道直結 水道直結 水道直結 水道水補充 水道水補充 水道水補充
〇の数202016161912
遊離残留塩素
カビ臭(2-MIB)
ブロモホルム
濁り
農薬(CAT)
クロロホルム
総トリハロメタン
テトラクロロエチレン
ブロモジクロロメタン
溶解性鉛
トリクロロエチレン
ジブロモクロロメタン
水銀不明
アルミ不明
トリクロロエタン不明不明不明
陰イオン海面活性剤 不明 不明
フェノール類 不明 不明
ベンゼン 不明 不明
ジェオスミン 不明 不明
DCE不明 不明 不明 不明
四塩化炭素 不明 不明 不明

浄水性能が高いんだね。

各社、法律で決められている12項目をクリアしているけど、さらに除去項目が多いって安心だよね。

お申し込みはこちら>>ウォータースタンド

ウォータースタンドがおすすめできる方

おすすめできる方
お勧めできない方
  • 少しでも安全なお水を飲みたい方
  • 多くのモデルから自分にあうモデルをみつけたい方
  • 2wayの浄水型サーバーを選びたい方
  • 長期間の契約はしたくない方
  • 天然水にこだわりたい方
  • 安さにこだわりたい方
  • 備蓄水にも活用したい方
  • 初期費用を抑えたい方

導入チェックもあるから試しに挑戦してみてね。

お申し込みはこちら>>ウォータースタンド

本当におすすめはこの一台!

ウォータースタンドの特徴やメリット、注意点やデメリットについて詳しくご紹介してきました。

それでも決められないという方にはこちらのモデルをおすすめします。

ナノシリーズ『NEO』です!

ネオの画像
『NEO』をおすすめする理由
  • 基本機能が充実している
  • 月額料金が最安
  • エコサーバーの追加で2way方式で設置ができる
  • 常温水機能が付いている
  • レバー式なので片手でラクに使える
迷ったらこちらがおすすめだよ

瞬間温冷水やRO水の機能はもちろん魅力があります。でもウォーターサーバーとしての基本機能が充実している『NEO』が日常的に使うには最も満足度は高いと感じています。

私が『NEO』をもっとも強くおすすめしたい理由は、2way方式で利用できる点です。

追加で月額1,100円(税込)が必要ですが、エコサーバーを使うことで初回工事無しで導入することができます。

利用する中で設置場所が決まればいつでも無料で設置工事を依頼することができます。

もちろん工事せずに『補充タイプ』として使い続けることもできます。

無料お試しレンタルがあります!

『NEO』+エコサーバーを1週間 無料でレンタルできます。

詳しくはこちら>>ウォータースタンド

無料でお試しできるチャンスは多くはないんだよ。少しでも興味があれば気軽に申し込んでみてね。

お得なキャンペーン

ウォータースタンド のりかえキャンペーンはこちら

他社のウォーターサーバーから乗り換えるんなら
ここからのお申し込みがお得だよ。

お申し込み手順

ウォータースタンドのお申し込みはたった3ステップです。

5分で申し込みができるから
すごく簡単だよ

お申し込みはこちらから>>ウォータースタンド

[st-mcbutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HBU7V+9H5F6I+3WFA+61RIA” title=”今すぐ申し込む” rel=”” webicon=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#039BE5″ bgcolor_top=”#29B6F6″ bordercolor=”#4FC3F7″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ webicon_after=”st-svg-chevron-right” shadow=”#039BE5″ ref=”on” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”5分で簡単 /” beacon=””]3ステップで申し込み完了します[/st-mcbutton]

よかったらシェアしてね!
もくじ